banner vietcomtoday.com

ベトナム

    登録日: 26/07/2017 11:13

ハノイ人気観光スポット(続き)

    Vietcomtoday.com - ハノイ人気観光スポット  ベトナム民族学博物館、ホアトー収容所跡、タンロン水上人形劇場のもう3選を 紹介いたします.

1. ベトナム民族学博物館(Bao Tang Dan Toc Hoc Viet Nam - Vietnam Museum of Ethnology) 

- 住所: Nguyen Van Huyen, Quan Cau Giay, Hanoi 

- 定休日: 月曜、旧正月

 ベトナムには、全人口の約86%を占めるベト(Việt)(キン族とも言われる。から、400人程の少数民族まで、全部で54の民族が居住している。それらの民族について知ることのできるこの博物館は、銅鼓をイメージした丸い建物で、館内の多くの展示物の他、裏手には11の民族の家屋が移築され、実際に家の中に入ることもできる。

 敷地は少し坂になっており、平野から山地へ進むイメージを持たせるように考えられている。坂の下には平野部に住むベト族、チャム族の家、上の方にはモン族など高地に住む民族の家が配置されている。54の民族は5つの語系に属し、館内1階に語系別に民族の写真と、その居住分布が地図で示されている。

2. ホアロー収容所跡(Nha Tu Hoa Lo - Hoa Lo Prison)

- 住所: 1 HOA LO, HOAN KIEM DISTRICT, HANOI, VIET NAM 

- アクセス: 鉄道 ハノイ(HANOI)駅から0.5km

 1896年、植民地時代にフランスによって造られた監獄で、フランス敗戦後も、ベトナム人民軍の捕虜収容所として使われた。現在はその一部が博物館として公開されており、独房、集団房、拷問の道具や、当時の様子を描いたレリーフなどが展示されている。フランス植民地時代には、フランスの支配に抵抗するベトナム人がここに捕らえられ収容された。

 ベトナムの歴史について学びたくなったらぜひ行っておくべき定番の観光スポットだ。フランスの統治時代からベトナム戦争まで多くの人々がここに収容された。当時の様子を人形などを使ってリアルに再現している。 

3. タンロン水上人形劇場(Nha Hat Mua Roi Thang Long )
- 住所: 57B Dinh Tien Hoang, Quan Hoan Kiem, Ha Noi 

- アクセス: ハノイ劇場(Nha Hat Lon Ha Noi)から徒歩10分 

 ホアンキエン湖北岸近くにある劇場で見ることのできる水上人形劇

ベトナム建国の父・ホー・チ・ミンが旧チェコスロバキアを訪れた際人形劇に感銘を受け、自国の子供たちのためにベトナム国家人形劇団を創設。タンロン水上人形劇場が建設された。

 もっとも、人形劇が生まれたのはそれよりもはるか昔、11世紀の初め頃。紅河デルタ地帯の村々が発祥といわれている。
もともとは農作物の収穫を祝い、屋外の水田や水辺で演じられていた。その後人形劇は農村にとどまらず、11世紀から15世紀頃には宮廷でも演じられるようになったという。

 劇場内には、ハノイのシンボルである文廟の楼門「奎文閣」をイメージして作られた舞台装置(かつてはベトナムの伝統的な住居を模した舞台装置だった。)と、水をはったステージが設置されている。舞台の横では人形劇に合わせてベトナム伝統楽器が演奏され、その音楽もまた素晴らしいと評判だ。上演される物語の多くはベトナムの民話や伝説がモチーフとなっている。セリフはすべてベトナム語だが、日本語をはじめとする各国語のパンフレットがあるため、劇のテーマは理解できるようになっている。また、英語の字幕付きの回もある。

入り口横に予約窓口があり、前売りチケットおよび当日券を販売している。当日券は売り切れになることが多いので、確実に見たい場合には前売り券を購入しよう。また、劇場内での撮影は可能。ただし有料の撮影券を購入しなければならない。

ハノイの大人気定番名所といえばここ,タンロン水上人形劇場。水中に隠された仕掛けを操る人形劇で,ベトナム農村に伝わる伝統芸能だ

Vietcomtoday.com 

オンライン

    ホットライン: +84 989 25 51 51

統計

アクセス数

1.110.321

アクセス中

5

    ご意見-コメント